美ボディを作る〜姿勢をよくする

MENU

美ボディを作る〜姿勢をよくする

姿勢の良い女性

人の印象は最初の約7秒で決まるとも言います。

 

公私を問わず、姿勢のいい人の第一印象は良好であることが多いとのことです。

 

姿勢のいい人はしっかり背筋が伸びていますので、首が長く見えて縦ラインのイメージが強くなり、小顔でスタイルがよく見えるだけでなく若々しい印象を与えるのです。

 

しかし逆に猫背で背中を丸して前かがみにある姿勢の悪い人は、いつも疲れている印象を与えてしまいます。

 

老けて見られがちになります。

姿勢の悪い女性

 

どんなに実際にスタイルがよくても姿勢が悪い人は、決して人にいい印象を与えることは出来ません。

 

正しい姿勢のキープには、腹筋が鍛えられていることが必須条件であるとされており、腹筋が弱いままでは背筋を伸ばしても、逆に無理な体制となって腰痛を誘発してしまい、すぐに猫背に戻ってしまうと言われています。

 

ですので正しい方法で腹筋を鍛えれば、それだけよい姿勢を維持しやすくなるわけです。

 

身体がゆがんでいる女性

背筋を伸ばして姿勢をよくしながら過ごすことは見た目の美しさと共に、腹筋や背筋の刺激にもなりますので筋トレとしても有効です。

 

腹筋を使って姿勢をよくすれば筋肉で内臓が持ち上がり、腸の位置が正常になって働きもスムーズになりますので、便秘の解消にもつながります。

 

また正しい姿勢を意識することは身体全体の筋肉の量も増やしていき、基礎代謝もアップさせますので、自然にエネルギーの使われる身体に変わっていくそうです。

 

もし正しい姿勢でいてもすぐ疲れてしまう人がいるとすれば、それには骨盤の歪みが関係している可能性もあります。

 

骨盤が下がってしまいますと、下半身と上半身を行き来する血液やリンパ等の体液がスムーズに流れなくなり、むくみの原因となってしまうのです。

 

骨盤の歪みの矯正には、腰回しやスクワットが効果的であると言われていますので、隙間時間に少しつづ行うことをお勧めします。

 

次に自分が正しい姿勢かどうかチェック出来る項目を、幾つかあげておきたいと思います。これには、全身が映る鏡が必要です。

  1. おヘソが真正面を向いていて、左右の肩の高さが同じであるかどうか
  2. 横から見た時に耳・肩・くるぶしが直線上にあるかどうか
  3. 無理のない状態で膝が伸びているかどうか
  4. 猫背になっていないかどうか
  5. 腰を反りすぎていないかどうか
  6. 左右どちらかに偏って、身体の重心をおいていないかどうか

メリハリボディの女性

  1. 最後によい姿勢を維持するために、意識した方がいい項目をあげておきたいと思います。
  2. 座っているときも耳と肩の中心が一直線となるよう、骨盤で座っているイメージを心がけてみましょう
  3. 椅子には深く座りすぎず膝と股関節が同じ高さとなるように、可能であれば椅子の高さを調整するようしてみましょう

 

床に足をつけない座り方は姿勢が崩れる原因となりますので、決してしないようにしましょう。

 

背筋を伸ばして正しい姿勢を意識し維持する姿勢矯正は、人から見た印象を見た目をよくするだけでなく、美ボディ作りにもつながっていきます。

 

美ボディを作るために必要不可欠な物知ってる? これなくしては美ボディ作りはできません!